土井宏のハッピーブログ

土井宏のトータルポータルブログ

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
このブログは、ロリポップ! のレンタルサーバを、使用しています。
<< 2005年2月28日の、更新状況。 | main | 出演を告知しない女優――ザ・ジャッジ! >>
渡る世間に女郎花(おみなえし)
吉井由紀さん御本人のブログによりますと、吉井さんは、
『腐れ縁の男が…腐ってきたので、捨ててみました。』
というフレーズを思い付いてしまい、あまりにも気に入ったため、
映画監督さんにも話してしまい、お芝居にまでしようとしていたことが、
発覚しました。
こういうフレーズには、たとえば、
『一姫二太郎三茄子(なすび)』
などがあり、この言葉の意味は、一番目に女の子を生み、
二番目に男の子を生み、三番目に茄子を生むと育てやすい、ということです。
同じ意味の言葉には、
『勝てば官軍(かんぐん)負ければ賊軍(ぞくぐん)歩く姿は百合の花』
などがあります。
「腐れ縁」といえば、離れたくても離れられない、
まとわりついたような関係の事ですが、
昔、私の会社の後輩だった男が、
「友達の家へ行ったら、納豆が腐るほどあって」と言ったので、
「納豆は、もともと腐ってるんだよ」とまぜっ返したら、
「ははは」と軽く笑われた上、
「で、納豆が腐るほどあって」と、何ごともなかったかのように続けられ、
いったい私って何、と思ったことがあります。
でも、私は本当は、吉井さんと腐れ縁になることが望みなのは、
言ってはいけないことになっています。
そうはいっても、もしそうなったら、しまいには、
「腐ってきたので」、振られてしまうのでしょうか。
そして、その頃には、すでに春になっていて、
「季節はずれの由紀が振ってる」などと、言われてしまうのかもしれません。
| インターネット情報 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
このページの先頭へ